しあわせのタネ

お猫やら自転車(ロードバイク)やら、愛しいものをあれこれと。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

自転車教習ふたたび :: 2012/03/25(Sun)

特別講師をお招きしました。
kaoさんNewbike cannondale

自宅 → 横松郷 → 二本木峠 → 秩父高原牧場 → 秩父 → 定峰峠 → 小川 → 自宅
走 行 ; 107.52km



日差しの暖かさに誘われて、本日も自転車活動なり。
この前入れなかった秩父のパン屋さんへ行くのです。
冬ジャージ&指切り+インナーグローブ&ネックウォーマーなしにて出撃。


明覚ヤマザキにて、FLジャージを発見。
510さんでした (^^)
会話の中で、我が家が山に近いことを改めて実感する。
ありがたいことです。

そして、飽きもせず横松郷へ。
膝~ふくらはぎにかけてダルさがたまってる感じ。
ガマンしてできるだけ踏まないように回す。


松郷下って落合に向かう途中、なおきちさんとスライド。
もうお帰りですか。しかも白石上ってきていらっしゃるとは!
うーん、見習わなくては。

それにしても、赤い自転車のFLジャージってどなただったのかな?


前回と同じコースってのもなんなので、二本木線を選択。
そうそう、初めがキツイんだよね~ と思い出しつつヒイコラのぼる。
途中、満開の梅に心がなごむ。
(登坂中写真を撮る余裕がないので、画像はダンナはんのブログをご覧ください)

秩父高原牧場に到着し、ソフトクリーム食べる!っと売店に行くもやってない。
4月1日からでした。あーうー (TдT)


傷心のまま粥仁田峠から秩父へ向かう。
あちらでkaoさんと合流するつもりが、もう市役所前とのことでちょっと厳しいか。
ますますションボリしつつ、激坂下ってK82 → K11とつないで秩父市街へ。

そしてお目当てのパン屋さんはいっぱいで入れず。
ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン

さっさと方向転換して、またもやモンシャーレに吸い込まれる。
食後のコーヒーを楽しむkaoさんと無事合流。
よかったよかった。


私のポークカツチーズのせ(デカっ!)
ポークカツチーズのせ


ダンナはんのチキンときのこのしょうが焼き
チキンときのこのしょうが焼き


どちらもおいしくごちそうさまでした。


kaoさんがここから同行してくださることに。
「もう売り切れだよー」とかなんとか言ってるけど三味線に決まっとる。

路面状況&脚の残量を鑑みて、帰路は定峰経由に決定。
前回とルートは同じでも、今日は教官&特別講師のダブル体制。
なんたるゼイタク \(^o^)/


ゆっくりのぼってくださるお二人にせっせとついていく。
まのじ庵を過ぎて定峰線の入り口を通過したあたりでズルズルっと遅れたけど
できるだけ姿が見える範囲内で、とねばる。
お二人を確認できなくなっても、お待たせしてはイカンと踏ん張る。
心拍はずっと175bpm前後。
これぞ懐かしの自転車教習(笑)


なんとかタレずに定峰峠到着。オートバイの方がたくさんいらっしゃいました。
一息ついてエネルゲンを補給したら、楽しい下りの始まり始まり~

時折強くなる向かい風にも負けず、しっかり回してビューンと小川道の駅へ。
嵐山の坂も頑張りました。乳酸溜まって最後まで踏み切れなかったけど。


kaoさんとお別れしてからも我々には亀井坂があるのです。
もちろんサボらず全力全力!


こうして苦しくも楽しいサイクリングが無事終了したのでした。
kaoさんありがとうございました。また行きましょう (´∀`*)




テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 自転車
  2. | コメント:2
<<寝ぼすけ | top | 酔っぱらい>>


comment

オプションも

あの後、戸守ローソン迄同行するオプションもあったのだけど…
売り切れだったので止めといたよ(^^;)
しかし最後の亀井坂は千切れてしまったわ(>_<)
頑張ってるね!!
  1. 2012/03/27(Tue) 19:46:27 |
  2. URL |
  3. 鬼 #-
  4. [ 編集 ]

☆教官
教官も特別講師も売り切れとか言うけど、レベルが違うからねぇ。
徐々に距離も強度もあげていかねばと思っとります。
亀井は花を持たせてくれたということで(^ω^)
  1. 2012/03/27(Tue) 21:43:03 |
  2. URL |
  3. すぃ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。